【妊活ラジオvol.54 】 着床前診断(PGS)について医師が解説|前半

こんにちは!大阪で顕微授精にチャレンジしている あや子です。

不妊治療の最先端技術について取り扱うラジオ番組、
「妊活ラジオ~先端医療の気になるあれこれ~」って、ご存知ですか?

クリニックの医師がゲストに来ていたりして、不妊治療をされている方は必見(必聴?)のラジオ番組のようです。

私も知らないことばかりで、驚きました!

あや子
普段クリニックでなかなか聞けない事も、
医師が時間をかけて丁寧に解説してくれています。

毎週日曜日の朝9:40〜、
FM西東京で放送されています!
(再放送は、毎週金曜日の22:00〜)

2019年4月14日に配信された
第54回目の放送では、今話題の
「着床前スクリーニング」について取り上げられました。

あや子
今回の記事では、
その回の放送内容(前半)を、まとめてみたいと思います!

着床前スクリーニングって何?

  • 別名PGT-A、PGSとも呼ばれる。
  • 着床前診断の一種。
  • 卵子の老化などによる染色体数の異常が原因の流産を防ぐ。
  • 女性の心と身体を守る手段だが、日本では許可されていない。

 

情報量が多すぎたので、
記事を前半と後半の2つに分けています。

後半の記事はこちら

【妊活ラジオvol.54 】 着床前診断(PGS)について医師が解説|後半

 

前半では、着床前スクリーニングについて、
以下のような話が進んでいきます。

着床前スクリーニングとは…

  • 流産しないための検査
  • 卵子の老化による染色体異常が原因の流産を防げる
  • 戻しても生まれない胚を見分けているだけ
  • 胎児への影響はない
  • 世界の70%の国が認めている技術
  • 日本ではまだ許可されていない
  • 倫理上の問題が大きな壁
あや子
それでは、放送されたラジオの内容(前半)を見ていきましょう!

今回のラジオの登場人物

あや子
今回ラジオに出てくる登場人物を紹介します。

 ①西村華奈穂さん(アナウンサー)

この番組のナビゲーターで、
フリーアナウンサーの西村華奈穂さんです。

お声がとっても素敵でした♪

あや子

②松岡俊樹さん(工学博士)

スペイン発の不妊治療を専門とした
遺伝子検査会社「アイジェノミクス・ジャパン」の技術責任者で、
工学博士のトシさんです。

トシさんのラジオでの発言は、
この記事の中で、
このような枠で囲んでいます。

・着床の窓を調べるERA検査
・着床前診断
などを行なっている会社の偉い人です。

あや子

③小柳由利子先生(産婦人科医)

不妊治療の最前線、東京ハートクリニックで働いていらっしゃる産婦人科医の先生です。

Twitter(@yurikoyanagi)でも、
不妊治療について情報配信をされています。

小柳先生のラジオでの発言は、
この記事の中で、
このような枠で囲んでいます。

小柳先生!いつも情報配信ありがとうございます!

あや子

番組冒頭

西村アナ
西村華奈穂です。

ここからのお時間は、
「妊活ラジオ〜医療の気になるアレコレ〜」をお届けします。

西村アナ
最近、「妊活」という言葉をよく耳にしませんか?

一言で言えば文字通り、
妊娠するための活動という意味があります。

まさに妊活中のあなたに届けていく、20分間です。

西村アナ
この番組ではゲストをお迎えし、
テーマに沿って不妊治療の最先端技術をご紹介していきます。

お話を進めていただくのは、

スペイン発の不妊治療を専門とした遺伝子検査会社「アイジェノミクス・ジャパン」の技術責任者で、工学博士のトシさんです。

トシさん、よろしくお願いいたします。

よろしくお願い致します。

(トシさんのラジオでの発言は、記事の中で、上のような枠で示しています。)

西村アナ
今日のテーマは
「受精卵側の問題について」になります。

小柳由利子先生の登場!

西村アナ
そして今日は、ゲストの方にお越し頂いております。

東京ハートクリニックよりお越し頂きました小柳由利子先生(@yurikoyanagi)です。

先生、よろしくお願い致します!

はい、よろしくお願いします。

(小柳先生のラジオでの発言は、記事の中で、上のような枠で示しています。)

西村アナ
まずは、東京ハートクリニックのご紹介と、それから小柳由利子先生の自己紹介を、皆さんにお願いできますか?

東京ハートクリニックは、東京の表参道にあるクリニックです。

 

創業19年を迎えまして、この業界ではかなり老舗になっています。

 

しかし安定した治療成績に甘んじず、
常に世界最高の医療を取り入れながら、治療成績の向上に取り組んでおります。

 

私は2006年に大学を卒業しまして、
それから臨床研修、4年間の研究生活を経て、四年前から東京ハートクリニックで勤務しております。

西村アナ
実は先生、私の同級生も、
妊活で東京ハートクリニックさんにお世話になっていたんですよ。

なので、今日ビックリして・・・・!

(まぁ!)何かのご縁で・・・。

西村アナ
そうなんですよ!

いつも(先生の)クリニックに行かれている患者の皆さんも、(ラジオを)聞いて頂いている方、多いと思います。

是非、今週はよろしくお願い致します。

3種類の着床前診断

着床前診断は、大きく3つに分かれています。

まず初めに、トシさんが、
上の図のPGT-APGT-MPGT-SRについて、
違いを教えてくれました。

ただ、内容が少し難しいので、
もし良かったら、私がまとめた下の記事を読んでみて下さい。

噛み砕いた内容になっています。

【NHKニュース「着床前診断」対象拡大へ】放送内容まとめ・感想

上記の関連記事について、内容を簡単にまとめると、こんな感じです。

💛着床前診断についてまとめ💛
  1. 胎児の「出生前診断」とは全くの別物
  2. 海外では体外受精とセットで行われている技術
  3. PGTーAPGTーMPGTーSRがある
  4. 日本では、卵子の老化による染色体異常が原因の流産を防ぐ技術(PGTーA)が、許可されていない。
  5. 勝手にPGTーAを行うと、日本産科婦人科学会から医師が処罰を受けることも

PGT-A、PGT-M、PGT-SRについて

西村アナ
さて、トシさん、今週のテーマなんですが・・・・

今週のテーマは着床前検査ですね。

 

受精卵側の問題として、世界で行われている着床前検査について、今日は話していきたいと思います。

 

まずはその種類についてですが、
主に、PGSっていうのと、
PGDっていうのの2つに分けられます。

 

そしてこのPGSっていうものは、
(いわゆる)「スクリーニング」ですね。

 

(PGSは、着床前診断の中でも、別名「着床前スクリーニング」と呼ばれています。)

受精卵から一部の細胞を採ると、
その細胞の中の染色体が2本ずつあるのが普通なんです。

 

しかしそれが、1本とか、3本とかになっていないかを調べるのが、このPGSになります。

 

(卵子の老化による流産を防ぐことができます。)

 

 

 

では次に、PGDについて。

このPGDは、(いわゆる)「診断」になります。

 

これはある遺伝的な病気のある人や、そういった保因者の遺伝子に、もし傷がついていた場合、

ある一定の確率で、お子様の方にその疾患が出てしまうというのがあります。

 

このPGDという検査で、そういった胚を前もって調べることができます。

 

 

で、今はですね、(最初に述べた)PGSのことを、世界的に名前が変わってですね、
PGT-Aという言い方になってます。

 

一方で(後に述べた)PGDの方も名前が変わってですね、PGT-Mという形になっています。

 

あと、PGTーSRっていうのもあります。

 

これは、どちらかというと(後に述べた)PGDの方に分類される訳ですが、
検査としては(最初に述べた)PGSと同じで、
目的は、流産を避けることになります。

 

このPGT-SRとは、転座(を調べる)ことを指しています。

 

転座とは、染色体としては2本ずつあるんですが、ある染色体の部分が、別の染色体の部分にくっついていたりすることです。

 

これを転座と言います。

着床前診断の検査方法について

胚盤胞から細胞の一部を採取

まず初めに、トシさんから、着床前診断の検査方法について説明がありました。

続いて(着床前診断の)検査方法について、ご説明します。

 

検査する方法ですが、
胚盤胞期胚の栄養外胚葉という、(将来)胎盤になる部分から、細胞を5個から10個、採取します。

 

その細胞を私達の方で、実際には増幅といって、DNAを増やして調べます。

 

そして次世代シーケンサーを使って、網羅的にお調べします。

 

これで実際に、(PGT-Aの場合は)その胚に染色体が2本ずつあるかどうかをお調べします。

胎児への影響はないとの報告

続いて、小柳先生から、着床前診断の検査自体の安全性について、説明がありました。

胚盤胞の検査する部分というのは、外側の(将来)胎盤になる部分です。

 

つまり、(将来)胎児になる部分を採る訳ではないんですね。

 

なので、生まれたお子さんにも特に影響はない、ということが今までの報告では分かっています。

着床前診断の世界的な動きと日本の現状

着床前診断について世界との比較

西村アナ
そしてこの検査方法、「着床前検査」を巡る世界的な動きって、先生、どんな感じなんですか?

はい。

(着床前診断のうち、)PGS(今で言うPGT-A)については、2000年頃から世界中で行われるようになりました。

 

今では世界の約70%の国で、認可がされています。

 

人口で言うと、95%くらいの方がこの検査(PGT-A)の恩恵を受けることができるんですね。

 

有効性に関する報告もあります。

 

特に38歳以上であったり、習慣性流産のある患者さんに対しては、
その染色体の異数性の割合(PGT-Aの検査で引っ掛かる割合)が増えています。

 

それを調べることによって、
「妊娠率を上げ、流産率を下げることができる」というのが分かっているんですね。

 

先生のおっしゃる通り、
PGT-A検査をすることで、卵子の老化により流産してしまう胚を移植するのを防ぐことができます。

しかし日本ではまだ許可されていない検査であり、多くの不妊治療患者が待ち望んでいるというのが実情です。

日本では少施設での臨床研究どまり

(着床前診断について)日本は、非常に慎重な姿勢を示しています。

 

(不妊治療患者が認可を待ち望むPGT-Aについて、世界では約70%の国で認可されています。)

 

(しかし日本は、)独自に2016年からパイロットスタディとして、(いまだに)臨床研究を行ったところです。

小柳先生がおっしゃったパイロットスタディというのは、(少数の施設で臨床研究を行うことです。)

 

(本来、多くの施設で行う)臨床研究を進めるちょっと前に、

 

少数の施設でやってみることを、パイロットスタディと言います。

世界各国は既にPGT-A検査を許可して、流産する胚の移植を回避しています。

一方で、日本はまだこんな状況なんです。

日本がそこまで慎重な姿勢を示す理由とは

倫理的な問題が一番の課題

西村アナ
日本では(PGT-Aの検査について特に)慎重になっているようなんですが、その理由ってやっぱ何かあるんですかね?

はい。

 

議論されている理由としては、
一つは有効性についてで、
もう一つは倫理的な問題という風に考えられます。

 

有効性に関しては、先ほど申しましたように、海外で多施設による研究というのが既に行われています。

 

その検査の技術も、昔に比べるとだいぶ進歩してきたんですね。

 

その進歩に伴って、有効性も上がってきています。

 

なので、それ(有効性を確かめるための臨床試験)に関しては、あえて日本でやり直す必要はないかもしれません。

 

むしろ倫理的な問題の方が大きいかもしれないですね。

命の「選別」ではなく「選択」

倫理的な問題については、よく言われる
命の「選とかいう言葉があるんですけれども、

そうですね、言われますね。

けど実際は、流産しないための検査なので、戻しても生まれない卵というのを見分けているだけなんですね。

 

なので、「選というより、むしろ産まれる胚の「選の方なんですね。

 

それが、あまり一般的には理解されていない。

おっしゃる通り、私もよく(PGT-A検査をすることは、命の「選」だという意見を)耳にします。

 

けど、「その選」と「選」っていう言葉、よく同じ意味で使われていますが、全然違いますね。

 

これは命の「選」ではなくて、
「選」なのだと、私も少し話を聞いてそう思いました。

ダウン症について

人の遺伝子は、
23本の染色体で構成されています。

1つの細胞には、父と母からそれぞれ23本ずつもらった、合計46本の染色体が入っています。

染色体には、大きさの順に以下のように番号が付けられているのですが、

21番目の染色体が3本あると、21トリソミー、つまり「ダウン症」になります。

PGT-Aの検査は染色体の数の異常を調べるので、21トリソミーを持つ胚も分かります。


健康長寿ネットより

ダウン症について、小柳先生の解説はこちら。

あと、 よくトリソミーで出産に至るのが21トリソミーのダウン症っていうのがあります。

 

しかし、胚盤胞の検査のステップから出産までのその期間で約7割が淘汰されてしまうということが分かってるんですね。

 

 

なので、今普通に生活できているダウン症の方っていうのは本当にごくごくラッキーな例なんです。

 

ほとんどが流産とか着床しないという形で終わってしまうということも意外と知られていないことなんですね。

 

まとめ

ラジオを聞いてみて、イメージと色々違うことがあり驚きました!

着床前診断のうち、
着床前スクリーニング(別名PGSPGT-A)について、前半で分かったことはこちら。

前半で分かったことまとめ

  • 流産しないための検査
  • 卵子の老化による染色体異常が原因の流産を防げる
  • 戻しても生まれない胚を見分けているだけ
  • 胎児への影響はない
  • 世界の70%の国が認めている技術
  • 日本ではまだ許可されていない
  • 倫理上の問題が大きな壁

後半は、以下のようなことについてまとめていきます。

【妊活ラジオvol.54 】 着床前診断(PGS)について医師が解説|後半