【IVF大阪&扇町ARTレディースクリニック】大阪不妊病院口コミ比較

こんにちは!大阪で顕微授精にチャレンジしている あや子です。

前回、「【妊活中の関西在住者必見!】大阪の不妊治療病院、費用を徹底比較!という記事を書きました。

【妊活中の関西在住者必見!】大阪の不妊治療病院、費用を徹底比較!
あや子
今度は、その中の1つ1つの病院について、リアルな口コミをご紹介していきたいと思います。

 

今回は、大阪にある不妊治療の病院、

  • IVF大阪クリニック(東大阪)
    (以下、IVF大阪)
  • 扇町ARTレディースクリニック(扇町)(以下、扇町ART)

について、
どちらも通院されている美希さん(仮名)に、
お話を伺いました。

 

美希さん、よろしくお願いします。

あや子

美希さん

扇町レディースクリニック(扇町)から、
IVF大阪(東大阪)に転院しました。
2019年6月時点の情報です。
最新情報は、クリニックのホームページ等でご自身で確認して下さいね!

あや子

 

この記事は、
美希さんの体験を元に作成しています。

※美希さんのSNSの妊活アカウントについて、
今回は本人希望で非公開とさせて頂きます。

あや子
先生のご判断や病院の都合などにより、
今回の記事と異なる対応がされる可能性も十分ありますのでご了承下さい。
注意
この記事は医療アドバイスではありません。
1人1人顔が違うように、体質やリスク、適する治療も異なります。
あくまで1つの治療体験談として、受け止めて下さいね。
不安な事は、ご自身の主治医に確認しましょう。

それでは、
★IVF大阪(東大阪)
★扇町ART(梅田)
2つの病院について、

あや子
口コミを徹底比較ですっ!

施設基本情報

扇町ARTレディースクリニック(扇町)

美希さんご夫婦が、以前通院していた病院(扇町ARTレディースクリニック)です。

扇町ARTレディースクリニック公式HPより

扇町ARTレディースクリニック公式HPより

病院名 扇町ARTレディースクリニック
(産科× / 分娩× / TESE◯)
住所 大阪市北区北区神山町1ー7   5F
地図 グーグルマップで地図を見る
電話 06-6311-2511
アクセス 大阪メトロ御堂筋線「梅田」駅から徒歩12分
大阪メトロ谷町線「東梅田」駅から徒歩10分
HP https://www.olc.ne.jp

IVF大阪クリニック(東大阪)

美希さんご夫婦が、現在治療を行われている病院(IVF大阪クリニック)です。

結衣さん

最初扇町ARTレディースクリニックに通っていたのですが、胚盤胞を4回も移植しても、結果が出ませんでした。

 

IVF大阪に着床不全外来があるということで、IVF大阪で着床不全の検査をし、そのまま転院しました。

IVF大阪クリニック公式HPより

病院名 IVF大阪クリニック
(産科× / 分娩× / TESE×)
診療時間 月〜土 9:00〜17:00
日・祝日は休み
住所 大阪府東大阪市長田東1丁目1ー14
地図 グーグルマップで地図を見る
電話 06-4308-8824
アクセス 大阪メトロ(地下鉄)中央線「長田」駅下車
④番出口より徒歩8分
クリニック正面に有料駐車場あり(28台分)
HP http://www.ivfosaka.com

 

あや子
それでは、IVF大阪と扇町ARTの
徹底比較
、開始ですっ!

費用を比較

あや子
こちらの記事でも書きましたが、
実際に病院同士の料金を比較する事は困難です。

大きな理由は、

・料金表の書き方が、病院間で統一されていない

・HPの料金表には書いてないメニューがある

ことなどです。

あや子
今回、美希さんから両方の病院で配られる料金表(2019.6時点)を見せて頂くことができました。

それを元に、採卵当日にかかる顕微授精での採卵費用(オプション一切なし)を、簡単に比べてみました。

扇町ART IVF大阪
採卵費用 8万 15万
受精費用 5万 項目として記載なし
初期培養費用 8個以下:6万
9個以上:7万
7万
精子調節費用 1万5千
3万5千
顕微授精 1〜8個:4〜11万
9個以上12万
10個以下10万
11〜20個:15万
21個以上20万

その他にも、IVF大阪では、

・採卵準備料1万
・卵子処理費用(3万5千)

・胚盤胞まで育てる費用(成功:3万、失敗:2万)

などもかかります。

(詳しい資料は「大阪妊活クエスト」まで)
採卵当日にかかる採卵費用だけでこの差なので、一通りメニューを受けると料金にだいぶ差が出てきます。

美希さん

扇町ARTには、「基本料金(上記の表の合計、21万5千)」が設定されています。

 

なので、基本料金を前払い、処置後にそれ以外の追加料金(顕微授精の個数による費用など)を後払いという形でした。

 

IVF大阪と料金比較は特にしていなかったのですが、改めて比較してみると、IVF大阪は高いですね…。

あや子
何が問題かって、

大手じゃない病院ではやってない検査や、採卵や移植のオプションメニューがあったりするところです。

料金の差が技師さんの腕や病院の有名料とかなら、まだ納得いくんです。

ただ、安い病院ではそもそも受けられない(やっていない)メニューがあるってところが、1番辛いです。

「技術力の差だ」って言われたら、本当にそれまでなんですが…。

美希さん

けど、何もオプションつけなくても、顕微授精するだけで妊娠する方もいますし、難しいですね。

診察用の紙スカートの料金を比較

扇町ART(扇町)は、診察用の紙スカートが有料(300円)

扇町ARTでは、診察の時にはく紙スカートが有料(300円)です。

再利用するため、毎回自分で持っていかないといけません。

あや子
確かに!言われてみたら紙スカート毎回捨てるのもったいないですね。その発想はなかった…。

けど地味に面倒くさいですね…。←

IVF大阪(東大阪)は紙スカートは無料

IVF大阪では、紙スカートの料金を別枠としてとられることはありません。

美希さん

書かれていないだけで、診察料とかの中に紙スカート代が含まれてはいるのでしょうが…。

 

けど、IVF大阪で使い捨てている紙スカートは、扇町ARTでリサイクルで使用してた紙スカートと、質もほぼ一緒なんです。

 

なんだか捨てるのが少し心苦しい気がします。笑

あや子

私が通った病院4つは、紙スカートは全て使い捨てでした。

なので、紙スカートを持参して再利用するという発想がなかったです。

ですが確かに勿体ないですよね。エコバックみたいな感じで、院長先生のお人柄を感じます。

紙スカート持参するから、私の病院も300円安くしてくれたらいいのに…。(50回以上は絶対履いてるぞ←)

 

予約にかかる費用を比較

扇町ART(扇町)は、予約する度に予約料がかかる

扇町ARTでは、予約する度に予約料がかかります。

あや子
予約料!?私は聞いたことのないシステムです。

後でも出てきますが、扇町ARTは、病院での拘束時間がかなり短いそうです。

美希さん

「予約時間から30分程度以上経っても呼ばれない場合は、予約料が返却されます」と、確か院内誌に書いていました。
あや子
不妊治療の病院では、予約した時間に呼ばれることなんて、ほとんどないですもんね。

なんのための予約時間なのか…と、ホントによく思います。

その点、扇町ARTは待ち時間が少なく、待った場合は予約料も返金されるなんて、画期的な気がします!

扇町ARTの予約料取り消し・待ち時間短縮の工夫について、詳しくはこちら

IVF大阪(東大阪)は予約するのに料金はかからない

IVF大阪では、予約するのに予約料はかかりません。

美希さん

ただ、予約した時間より、かなり待たされます。

 

なので、予約料がかからないのは、当たり前と言えば当たり前な気がします。

あや子

そうなってくると、扇町ARTの予約料返却システムって、待たされたとしてもすごく納得がいきますよね…!

待ち時間を比較

不妊治療の病院って、何でこんなに待ち時間が長いんでしょうか…。
待ち時間が一番のストレス…。

あや子

扇町ARTレディースクリニック(扇町)は待ち時間が少ない

先ほども述べましたが、扇町ARTは、待ち時間が少ないです。

待合スペース自体にも人が少なく、予約時間から20分も経たないうちに帰れることも多いようです。

美希さん

ただ、時間を意識しすぎて、あまりゆっくり話を聞いてもらえません。

 

看護師さんと話すことも、必要最低限しかありません。

 

IVF大阪(東大阪)は待ち時間が長い

IVF大阪は、待ち時間が長く、1〜2時間は当たり前です。

美希さん

待ち時間が多い分、1人の患者にかける時間も多いです。

患者に寄り添ってくれていると感じます。

 

疑問が解消されるまで付き添ってくれます。

 

看護師さんとも、ゆっくり話せる時間があります。

待ち時間、結局どっちがいいのか問題

待ち時間、私もすごく嫌です。

しかし結局、待ち時間が短いということは、その分1人の患者にかける時間は短いってことですもんね。
(中には待ち時間長い上に診察時間も短い病院もありますが・・・)

結局どちらがいいんでしょうか。

お仕事をどうしても長時間抜けられない人とかは、病院の滞在時間はなるべく短い方がいいですもんね。

あや子
扇町ARTは、診察時間が短くても、待ち時間も短いし、患者さんは割り切って通院しているみたいですね。

美希さん

確かに扇町ARTの先生は、予約時間などを気にかけて下さっていて、とてもテキパキ診察されます。

そのため、あまりゆっくり質問できるような雰囲気ではなく、それが辛いと感じる人もいると思います。

あや子
治療がすぐ上手くいけばいいですけど、上手くいかなければいかないほど、先生に色々質問したいですよね。

私なら、
「もっとじっくり時間をとって、一緒に色々考えてよ!」って思っちゃいそうです。

美希さん

でも、扇町ARTの先生は、
胚移植が終わった後はお腹に手を当てて、
「上手くいきますように」とお願いしてくれます。

 

私はそれがすごく好きでした。

診療時間を比較

仕事と通院の両立、本当に難しいですよね。

あや子

2つの病院の診療時間を、比較してみます。

診療時間
IVF大阪 月〜土 9:00〜17:00
日・祝日は休み
扇町ART 以下の表を参照

(注:診察時間ではなく、診察受付時間です↓ )

扇町ARTクリニック公式HPより

扇町ART(扇町)は朝早くから開けてくれている

扇町ARTクリニックは、「8:30〜手術室処置」となっています。

しかし実際は、患者さんの仕事の都合に合わせて、朝の8:30時から通常の診察もしてくれることがあるようです。

あや子
その辺の融通は、個人病院ならではですね。

IVF大阪(東大阪)は時間通り

一方、IVF大阪は、基本的に上記のような特別措置はありません。

 

仕事への影響を比較

扇町ART(扇町)は仕事への配慮大

扇町ARTは、患者さんが仕事と両立しやすいよう、色々と配慮してくれるようです。

結衣さん

仕事がある日などは、朝8時から診察してくれました。

 

その他、診察日を別日に調節してくれたり、仕事に支障をきたさないように気遣ってくれていると感じました。

 

実際、IVF大阪の時よりも扇町ARTに通っていた時の方が、就業時間に間に合うように通院できたりと、職場に迷惑をかけることが少なかったです。

IVF大阪(梅田)は融通に限界あり

一方IVF大阪は、特別に朝早く開けたりはしていないようです。

個人病院と大手の違いですね。

結衣さん

もちろん多少の融通はきいてもらえますが、

「仕事よりクリニック優先!」という雰囲気がある気がします。

 

患者の仕事の都合を気遣ってくれる感じは、扇町ARTの方が断然ありました。

 

待ち時間が長いため、職場へかなり迷惑をかけています。

あや子
職場に迷惑かけるのって、こっちも精神的にかなりしんどかったりしますよね。

けど、移植や採卵が1日ずれたら、結果も違ってきます。

「こっちは一生懸命妊娠させてあげようとしてるんだから、治療第一にしてほしい」

っていう、IVF大阪の先生達の気持ちも、どっちも分かります…!

結衣さん

私も含め、お仕事しながらIVF大阪に通われている方もたくさんいます。

 

お仕事と両立される方は、仕事しながらどれくらい時間が作れそうなのかってことも、病院選びに大事ですね。

 

立地の問題もあるだろうし…。

移植後の安静時間を比較

扇町ART(扇町)は、安静時間なし

通常、胚移植を行った後、ベッド等で30分くらい安静にしておく時間があります。

しかし、扇町ARTは安静時間がないそうです。

美希さん

着替えたらすぐ帰ることができます。

扇町ARTには、4床のベッドがあり、移植前の着替えの準備はベッドのある個室で行います。

安静にしておくベッドがない訳ではありません。

なのでもしかすると、こちらから胚移植後のベッドでの安静を申し出ると、休ませてもらえるのかもしれません。

ですが、基本としては、
「移植後の安静は不要。普段通りに生活して良い。」というのが、扇町ARTの方針だそうです。

あや子
言われてみたら、

「あれ、移植後に安静時間あるのって何でだろう?」って気がしてきました。

この前安静にしてたけど、私妊娠しなかったしな…。(移植日入れて毎回2日もお休みをもらっているあや子)

それに、仕事の都合などで、なるべく早く帰りたいって人もいますもんね。

IVF大阪(東大阪)は恐らく安静時間あり

美希さん

IVF大阪でまだ移植をした事がないので、私はよく分かりません。
と、美希さんはおっしゃっていました。

しかし、系列病院の

・IVFなんばクリニック
・HORACグランフロント大阪クリニック

では、胚移植後は安静時間を設けられています。(なんなら、飲み物とケーキも全員に出てきます。)

なので、IVF大阪でも、恐らく安静時間はあると思われます。

TESEの実施を比較

扇町ART(扇町)は、TESE実施可能

扇町ARTは、大阪でTESEを行なっている、数少ない不妊治療専門病院です。

あや子
通っている病院で、そのままTESEをすることができます。

IVF大阪(東大阪)は、系列病院のIVFなんばでTESE実施可能

IVF大阪では、TESEは実施していません。

しかし、系列病院のIVFなんばでは、TESEを行なっています。

あや子
なので、TESEだけIVFなんばで行うか、IVFなんばに転院する形になるのではないかと思います。

 

グループ病院を比較

IVF大阪(東大阪)は大阪に系列病院2つ

あや子
IVF大阪を始めとするIVF JAPANグループは、現在3店舗です。(3店舗全てが大阪)

1998年
IVF大阪クリニック開院
2003年
IVFなんばクリニック開院
2014年
HORACグランフロント大阪クリニック開院

それぞれの系列病院の違いなどは、下の記事に詳しくまとめています。

【妊活中の関西在住者必見!】大阪の不妊治療病院、費用を徹底比較!

 

扇町ART(扇町)は個人病院

一方、転移前に美希さんが通っていた
扇町ARTレディースクリニックは、
個人病院です。

美希さん

扇町ARTとIVF大阪、どちらもそれぞれ良いところがあります。

しかし治療の融通などは、やはり個人病院の扇町ARTの方が聞いてもらいやすかったです。

医師の数を比較

 扇町ART(扇町)は院長先生1人

院長先生1人でやっているので、治療方針とかにブレがないです。

料金面や治療内容も、院長先生がほぼ全て把握されています。

あや子
料金面まで全て把握されているのは、やはり心強いですよね!

その点が、院長と雇われ医師の違いですかね…。

ただ、対応人数が多いためか、カルテを見ても、ほとんど覚えていないことも多々あるようです。

あや子
やっぱりそれはしょうがないですよね…。

先生も人間ですもん。

IVF大阪(東大阪)は複数の医師が在籍

色んな先生に診てもらえるというのは、

・見落としが少ない
・多角的に治療方針を立てられる
・合わない先生を避けられる

という点ではメリットでもあります。

しかし、「先生によって言ってることが違うな」と感じて、美希さんが困ることもあったそうです。

あや子
その気持ち、すごく分かります!

どっちを信じたらいいか、分からないですよね。

「100%正しい正解がない」とうのが不妊治療なので、私は自分がより信じている先生の意見についていくことにしました。

まとめ

今回は、

・扇町ARTレディースクリニック
・IVF大阪クリニック

について、比較しました。

あや子
大手のIVF大阪が良いのかとばかり思っていましたが、
扇町ARTクリニックにも、個人病院ならではの良さがある事に気付くことができました。

結局のところ、「どちらのクリニックが良いかと言うのは、通う方の状況によって違う」ということですね。

お仕事の都合など全く気にせず、不妊治療を受ける病院を選べる社会になっていけば良いなと感じました。

 

最後に…

ご連絡&情報お待ちしています

今回の記事ですが、
まだまだ未完成な部分も多いです。

あや子
通院していて、

「もっと詳しい情報知ってるよ」
「この情報、間違えてるよ」

という方などいらっしゃいましたら、

是非こちらまでご連絡頂けると助かります。

すぐに記事訂正します。

最後に宣伝

「大阪妊活クエスト」という、
大阪で不妊治療をしている人達の交流の場を立ち上げています。

公のネットには書き込みにくいことも、
色々話し、情報交換しています。

あや子
気になる方がいれば、是非ご連絡下さい!

いつでも大歓迎です!

大阪妊活クエスト | 完全匿名性の妊活グループを立ち上げました!